はんなり、おとなの一人暮らし

アラフィフ、おひとりさま。今更だけど、丁寧な暮らしがしたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

第九のレッスン始まりました

第九


毎年大阪城ホールで12月に開催されている「1万人の第九コンサート」は今年で35回目を迎えるそうです。

私は、初期の頃に数回参加したことがあるのですが、その後しばらく遠ざかっていまして、昨年とその前は抽選で選に漏れてしまい、今年は当選したので、久しぶりに参加です。


私の参加するレッスンは先週の土曜日から開始で、久しぶりに歌いましたが、覚えてるもんですね。

カラオケとは違うところから声を出すのも久しぶり。

とても気持ちが良かったです。


そして、このコンサート、なんといっても魅力的なのは、指揮者が佐渡裕さんなんです。

生で佐渡さんの指揮が見れて、しかも自分が歌えるなんて素晴らしい。


佐渡さんのダイナミックな指揮が大好きで、彼が指揮される別のコンサートにも何度か足を運んだことがあります。


初心者コースのレッスンは全部で12回で、それぞれその道のプロの先生が指導してくださるのですが、それ以外に「佐渡練」という佐渡さん自らが指導してくださる集合練習があります。

以前参加した頃は、まだ「佐渡練」はありませんでした。

なので、今回はとても楽しみです。


1万人の第九の初期の頃の指揮者は山本直純さんでした。

初めて参加したのは、ベルリンの壁崩壊の前後だったと記憶していますので、おそらく89年とか90年とかその頃だと思います。

その後、直純さんから佐渡さんへ変わった初めの年にも多分参加したような気がします。


12回のレッスンのうち欠席が認められるのは2回までという厳しいルールが追加されています。

これも以前はなかったルールです。


なので、佐渡練と本番に出られるよう、体調面にも気を付けて、この3か月、頑張ってみようと思います。



にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村


人気ブログランキング




関連記事
スポンサーサイト

 ◆日々のこと・考えたこと

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。