FC2ブログ

はんなり、おとなの一人暮らし

アラフィフ、おひとりさま。今更だけど、丁寧な暮らしがしたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

海老蔵&寺島しのぶのすごい競演、六本木歌舞伎を観てきました。

roppongi.jpg


連休最終日は中の島のフェスティバルホールへ、六本木歌舞伎「座頭市」を観に行ってきました。


リリー・フランキーさんの脚本は、最近のワイドショーネタなんかを随所にぶっこんで、

吉本新喜劇ばりに面白かったです。

(このハゲー!の議員の鼻歌やら、妻の一代にばれたら…一線は越えてないとかクスっと笑えるホットなネタがいっぱい)


roppongi4.jpg


主演の二人、海老蔵さんと寺島しのぶさんのアドリブは、ぶっ飛ぶ面白さ。

遊郭での海老蔵と寺島しのぶさんとの濡れ場のシーンは全てアドリブだったと、幕間に明かされてましたが、あれがアドリブとは、2人のすごさと言うか、肝が据わってるなーと感心するばかり。


演出は、三池崇史監督で、やはりこちらも始まるなり目が離せない雰囲気でした。

海老蔵の立ち回りと現代風のステップを織り交ぜた場面から始まり、寺島しのぶ演じる花魁が客席通路から現れたときは鳥肌立ちました。


roppongi5.jpg

(画像はお借りしました)


舞台の途中もかなり客席に降りて客を巻き込む場面があるのですが、幕間には、役者さんが2階や3階の客席にまで、散らばってサービスしていました。


roppongi2.jpg


それぞれののぼりを並べてみました。

海老蔵さんは、おなじみのやつですね。

関連記事:真央ちゃん


海老蔵さん、4月に拝見したときより、やっぱりお痩せになられましたね。

けれど、本当に素晴らしい舞台で、もう1回、いえ2・3回観たくなりました。

また、六本木歌舞伎第3弾があれば、必ず観たい。

それほど、魅力的な舞台でした。



にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村


人気ブログランキング





関連記事
スポンサーサイト

 ◆観る・聴く

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。