FC2ブログ

はんなり、おとなの一人暮らし

アラフィフ、おひとりさま。今更だけど、丁寧な暮らしがしたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

一流ホテルでのちょっとしたトラブル

hkghtl1.jpg


夏休みの宿泊先は、インターコンチネンタルグランドスタンフォード香港。


関連記事:おとなの夏休み


航空券とホテルのみの手配だったので、空港到着後はエアポートエクスプレスに乗り、九龍駅からエアポートシャトルで移動。

4人ならさほど料金は変わらずでしたので、帰りはホテルから空港までタクシーで直行しました。


htl9.jpg


htl3.jpg


日本と同じで、中国人の観光客がロビーにあふれていました。


htl5.jpg


お部屋はハーバービューでしたので、部屋からは美しい景色が望めました。


htl4.jpg


さすがのインターコンチネンタル。

設備やサービスに問題はなかったのですが。。。

3日目の夜、外から客室へ帰ると、ものすごいタバコ臭。

ノンスモーキングルームをアサインしてもらってたので、フロントにクレームして、中国人のマネージャーをお部屋に呼びつけ事実確認。

(日本人スタッフはその時間不在でした)

同室の友人が英語でまくしたてたので最終的にはお部屋をチェンジしてくれましたが、最後まで空調のせいだとか非は認めませんでした。

別室の友人2名も来てくれて、かなり臭うと言ってたので、間違いはないのです。


お掃除以外に客室に入った形跡はないと、カードキーの入出履歴は確認してくれましたので、恐らくハウスキーパーか、そのチェックをする従業員の仕業としか思えないのですが、なんでそんなことをしたのかは不明です。



一流ホテルでも、そんなことがあるんですね。

恐らく、日本ではあり得ないし、もしあったら、えらいことになるでしょう。


htl2.jpg


結構、海外の個人旅行ででトラブルにあったお客様は、帰国後クレームを申し立てされることが多いのですが、後になればなるほど、事実確認やお詫びをすることが困難になります。


なので、なるべく現地で解決することをお勧めするのですが、果たして不慣れなお客様が、日本人スタッフが居ない場合に対処できるか、やはり難しいなと感じました。

(団体旅行で添乗員が居れば別ですが)


htl8.jpg


まぁ、それ以外は何の問題もありませんでした。

wifiも無料で、部屋に一台フリーのスマートフォンも置いてあります。

立地もいいし、ホテルとしてはおすすめできます。



にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

にほんブログ村


人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト

 旅行

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。